オーデルナイセ 線

オーデルナイセ

Add: fotytac89 - Date: 2020-12-10 23:17:12 - Views: 4416 - Clicks: 4378

オーデル・ナイセ線の国境線確定に伴う住民移動に関しては、「追放」と捉えるドイツと「移送」と考えるポーランドの間で激しい議論を呼び、「疎開や自主的な避難民などで国境を越えたドイツ人もいましたが、『強制移住』のケースもあった」との表現. ・オドラ川(オーデル川) / Odra(ポーランド語) / Oder(ドイツ語):河川長 854km、チェコ北東部のズデーテン山脈に源を発し、ポーランドに入ると北西に流れ、ポーランドとドイツの国境(オーデル・ナイセ線)沿いを北へ187km流れ、ナイセ川やヴァルタ川. 百科事典マイペディア - オーデル・ナイセ線の用語解説 - 1945年のポツダム協定で暫定的に設けられたドイツとポーランドの分轄線で,オーデル川とその支流ナイセ川を連ねる線で,長く東西対立の一因となった。1950年東独・ポーランド間にこれを最終的国境線とする協定が締結されたが,西独. >オーデル・ナイセ線は、1945年のポツダム会談により、第二次世界大戦後のドイツ・ポーランドの暫定的な国境として設定された。それ以前のドイツ・ポーランドの国境は、歴史的なプロイセンとポーランドの国境が適用されており、オーデル・ナイセ線. このオーデル・ナイセ線によって、ポーランド国境は大きく西側にずれ、そこに住んでいたドイツ国民は、現在ポーランド人として暮らしている。 800 万人もの人びとが故郷を失ったわけである。.

歴史的にプロイセン領であったほとんどすべての地域を失ってしまったこと 2. (3) 結果として,旧ドイツ東部領土(オーデル・ナイセ線より東側の領土)は,1945年8月2日締結のポツダム協定に基づき,ポーランド国家の統治下に置かれるようになりました。 3 東西ドイツ成立後の経緯. ・対ポーランド関係の停滞→オーデル=ナイセ線「否認」の増加(1989 年夏の世論調査) 6 ベルリンの壁崩壊以後 (1)国境の最終承認 1989 年11 月「壁」崩壊→「東西統一」(brd とddr の統合)へ→東方領土なその代価→「和. ベルリンの二日目、いよいよオーダー川、ナイセ川の探訪のムスカウ公園行きである。ベルリンから行けるぎりぎりの遠方地とは思っていたのだけど・・・ ここも行き方についてがいまいちで、歩き方ではドイツ編ではドレスデンから2時間以上、ポーランド編ではヴロツ.

オーデルナイセ線(オーデルナイセせん)とは。意味や解説、類語。《Oder-Neiße-Linie》第二次大戦後、1945年のポツダム協定で定められた、ドイツとポーランドとの国境線。オーデル川・ナイセ川以東をポーランド領とした。 - goo国語辞書は30万2千件語以上を収録。政治・経済・医学・ITなど. オーデル=ナイセ線の決定に当たり、他国や当該国に与えた影響で一番大きかったものはなんなのでしょうか? 大局的に言って一番大きかった影響は、米ソ間を中心とした東西両陣営が冷戦のままベルリンの壁崩壊まで推移したこと、つまり現実に戦争状態となる一因が避けられたことにあり. 東側の国境はオーデル‐ナイセ線とされ、そこから東の地域はポーランド領となりました。 これによってかつてドイツ統一の原動力となったプロイセン所縁の地を手放すことになります。 ベルリンも連合国によって4つに分割されました。. 編集 ドイツへの影響.

オーデル・ナイセ線とは? Novem とあるサイトで、「ソ連圧力の下、戦後東独は多くの領土をポーランドへ割譲しオーデル・ナイセ線を独波国境と定め、現ドイツもそれを承継」という書き込みを見た。. オーデル・ナイセ線は、1945年のポツダム会談により、第二次世界大戦後のドイツ・ポーランドの暫定的な国境として設定された。それ以前のドイツ・ポーランドの国境は、歴史的なプロイセンとポーランドの国境が適用されており、オーデル・ナイセ線よりもずっと東側にあった(参照:ポーランド分割による各国の獲得領土)。 オーデル・ナイセ線をドイツ・ポーランドの国境とする根拠は、歴史的に見ると中世前半期にまで遡らなくては見出せない。 古代には現在のポーランド領付近はブルグント族などゲルマン人諸部族の居住地であったが、ゲルマン民族の大移動によって彼らが移動したのち、原住地ウクライナ付近から拡張してきたスラブ系民族が移り住んだ。 フランク王国の時代にはエルベ・ザーレ川付近が境となり、以東、現在のブランデンブルク州やザクセン州付近まで、スラブ系のソルブ人が住んでいた。カール大帝らによるエルベ以東遠征以降、13世紀頃まではおよそオーデル・ナイセ線付近がドイツ(神聖ローマ帝国)とポーランドの国境であった。その後ドイツ騎士団による東方植民によって、オーデル・ナイセ以東のシュレジエン、ポンメルン、ついでプロイセンがドイツ人の領域に組み込まれた。 (その当初の強引な征服に問題はあるにしても、)以後第二次世界大戦の終戦までの700年間あまり、これらの地域にはドイツ系住民が多数派として居住し、ドイツの一部として認識されていた経緯がある。 新しい国境線をオーデル・ナイセ線に設定したのは、ポーランドをそれまでより西側に移し、それまでポーランド領であったベラルーシの西側を、ソ連領に組み込むことが目的であった。結果として第二次世界大戦前後で比較すると、ポーランドは国土全体が西側に移ったような形となった。. ドイツにとっては 1. この地域がプロイセン揺籃の地であったこと から、極めて喪失感が強かった。また、この地域のドイツ人がほとんどいなくなったことにより、この地域のプロイセン文化が喪失されてしまった。. ポーランドのユダヤ人がナチスによって絶滅させられるか、アメリカ合衆国やイスラエルに亡命するなどして、国内から全くいなくなってしまったこと 2.

オーデル・ナイセ線を国境線として承認することに保守派や右翼の抵抗が強かったからである。 連立与党の自由民主党からも反対者が出て、与党は少数派になっていた。. 中世以来、この地に数百年に亘って定住していたドイツ系住民が追放されたこと 3. オーデル・ナイセ線 は上図左端を縦に伸びる 赤線 。 緑色の線 (cujrzon line、カーゾン線) は第一次世界大戦後に定められたポーランド・ロシア国境。青線は1921年のリガ条約で決まったポーランド国境。. オーデル・ナイセ線とはバルト海に注ぐオーデル川とその支流のナイセ川をつないだ線で、この線を辿ると両国を丁度南北に二分する形となる。 そして、この国境の川の付近一帯がシレジア(Silesia)地方と呼ばれる。.

(オーデル=ナイセ線から転送) この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。. ドイツはかわいそうだと思います。第二次世界大戦前のオーデルナイセ線以東の領土を奪われ、しかもその領土が結局返還されなかった。これほど激動の歴史を持った国がありますか? ドイツまたは旧ドイツ東部領の人. いわゆるオーデル・ナイセ線の問題です。 オーデル川・ナイセ川という2本の河川が東ドイツ・ポーランドの国境に策定されたのは第二次世界大戦後すぐのことですが、それまでのドイツ・ポーランドの国境はその線より遙かに東側にありました。. オーデル川とその支流ナイセ川を結んだ線のことで、現在のドイツとポーランドの国境にあたる。 第二次世界大戦前、1937年にはドイツ帝国はこの線よりも東のポーランド側に大きく食い込んでいた。. オーデルナイセ 線 オーデル・ナイセ線(オーデル・ナイセせん)は、現在のドイツ連邦共和国とポーランド共和国の国境線。 オーデル川とその支流のナイセ川によって構成される。. 「北極海&シベリア開発」の代償に「日本版オーデルナイセ線」ですか?(思案)・136(本来なら「最低10年~最高死刑」でもいい筈なのに・・) (12/09) 「ドゴールちゃんの後任」ですが、やはり「第五共和制の大統領から命名」かしら?) (12/09). ナイセ川(ナイセがわ、ドイツ語:Neiße)はオーデル川の支流。チェコ北部に源流を発し、第二次世界大戦後に設定されたドイツとポーランドの国境であるオーデル・ナイセ線の一部を成す。全長252km。 名称.

オーストラリア 2万3000人 ニュージーランド 1万人 合計 912万5000人 オーデルナイセ 線 東西ドイツの分断. ドイツ東方領土(オーデル=ナイセ線以東のポーランドやシレジア)へ移住したドイツ人の末裔 や,第2 次世界大戦末期にルーマニアや旧ソ連においてドイツ系であるがゆえに迫害を受けドイ ツへ移住した帰還移住者を指す。. オーデルナイセ 線 1945 º、第二次世界大戦に敗北したドイツはオーデル・ナイセ線以東の、東プロイセンや. オーデル川(オーデルがわ。独: オーデルナイセ 線 Oder, 波: Odra )は、中央ヨーロッパを流れる河川である。 チェコ共和国北東部のズデーテン山脈に源流を発し、ポーランド国内のシレジア(シロンスク)を北西に向けて流れ、ポーランドとドイツの国境(オーデル・ナイセ線)沿いの延長187 kmを北に向かう。. /10/31 「北極海&シベリア開発」の代償に「日本版オーデルナイセ線」ですか?(思案)・130(「KE作戦発動」もぶち上げられない癖に、言うだけタカ派には「ババーン、全員、タイキック!. ・オーデル川 / Oder:河川長 854km、チェコ北東部のズデーテン山脈に源を発し、ポーランドに入ると北西に流れ、ポーランドとドイツの国境(オーデル・ナイセ線)沿いを北へ187km流れ、ナイセ川やヴァルタ川などの支流を合わせた後、ポメラニアに入り.

ポーランドにとってこの国境線設定は 1. この地域に住んでいたドイツ人が、ほとんど難民という形でドイツに移住してしまったこと 3. オーデル川とナイセ川を境とするポーランドとドイツ国境線。 1943年のテヘラン会議でカーゾン線をポーランドの東部国境線とすることについて,非公式の合意ができたあと,45年8月のポツダム協定は,対ドイツ講和条約成立までの暫定的措置として,オーデル=ナイセ線をポーランドの西部.

See full list on nlp. オーデルナイセ線の項目はありません。 情報提供元のWikipediaにはこの項目があるかもしれません。 もし項目がない場合はWikipediaに参加してこの項目を追加しませんか?. オーデル・ナイセ線 関連項目 オーデル・ナイセ線(オーデル・ナイセせん)は、現在のドイツ連邦共和国とポーランド共和国の国境線。オーデル川とその支流のナイセ川によって構成される。表話編歴20世紀におけるドイツの領土の変遷(英語版)&. オーデル・ナイセ線 オーデル・ナイセ線の概要 ナビゲーションに移動検索に移動この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。.

26231: 返信: 現ドイツ国境は、「謝罪・反省」の故か? url : 火の鳥草 : /03/28 10:26 にゃ×5氏は、ドイツが父祖伝来のドイツ固有の領土たる東プロイセンや、オーデル・ナイセ線以東の土地を放棄したことを、ブラント(の東方外交において)が、ナチスドイツによる侵略戦争の「重さ」のため. この国境線は「暫定的なもの」として定められたものであるが、ソビエト連邦がポツダム会談を通じて衛星国であるポーランド人民共和国とドイツ民主共和国(東ドイツ)に押し付けたものであった。その後1950年7月6日にポーランド人民共和国とドイツ民主共和国との間でズゴジェレツ条約が締結され、この2カ国間では受け入れられることになった。 が、もう一つの問題として、ドイツ連邦共和国(西ドイツ)がこのラインを「ドイツ」とポーランドの国境として受け入れるか? という問題が残っていた。また当時の西ドイツは共産主義者の支配するドイツ民主共和国を承認せず、これと国交のある国とは外交関係を結ばないという政策(ハルシュタイン原則)を採っていた。 この問題は、1970年12月7日に締結されたワルシャワ条約(ワルシャワ条約機構とは無関係)によって、西ドイツとポーランドの国交が結ばれると、その条約の中で「オーデル・ナイセ線が事実上の独・ポ国境である」ことが確認され、解決した。野党のCDU/CSUはこの条約の内容(国境線と共産主義ポーランドの承認)を批判して全国的な議論となったが、紆余曲折の末にドイツ連邦議会は1972年5月17日にこの条約を批准した。 さらに1972年12月に締結され、東西ドイツが相互の主権を確認し合った東西ドイツ基本条約の中でも、改めて「ドイツ」とポーランドの国境がオーデル・ナイセ線であることが確認されて、この国境が確立された。. 東側のロシア人、ベラルーシ人やウクライナ人を切り離したこと などから、新生ポーランドは極めてポーランド人の均一性が高い国家になることになった。. 編集 ポーランドへの影響. つまり西ドイツは、ポーランドが東ドイツと河川の国境を形成するオーデル=ナイセ線を事実上の独ポ国境であると認めたのである。 これは、戦後同線の東側に位置する旧東部ドイツ領から追放され、その回復を望む東方出身者たちの気持ちを逆なでする.

オーデルナイセ 線

email: [email protected] - phone:(748) 118-7179 x 9477

彩乃 みう -

-> 経理 自動化
-> 廃棄 皇子

オーデルナイセ 線 -


Sitemap 4

永遠 の 0 名言 小説 -